寂しいブランコ
晩婚化が取り沙汰され「この先一生独身!」という選択肢もめずらしくはない今の世の中。



周りに独身が多いから私も結婚はいいかな。



そう考える前に、一生独身のリスクを考えてみましょう。


世間体と経済力のリスク。


まず、世間体ですよね。10代20代の頃は娘の彼氏事情なんて気にもとめなかった両親。でも、30代になってその気配がまったくない娘をどう思っているでしょうか。


口では理解のあることを言っているかもしれませんが、やっぱり心のどこかでは不憫に思い、将来を考えた時は不安でいっぱいだと思います。あなたもご両親もいらぬ神経を使い、プレッシャーや被害妄想が生じるかも知れません。


そして経済力。独身女性で大成功を収め、結果的に結婚してるヒマがありませんでした、というような人はほんの一握りです。テレビの中のお伽話です。


ほとんどの場合、同期の男性たちが徐々に出世していくのを横目に取り残され、お局状態で居続ける事になります。その状態に耐えられずに転職したところで、それ以上の立場や報酬を獲得するのはもっと大変です。


それに続いて、衣食住を満足できる状態で確保し続けることや社会保険加入、未加入なども見過ごせない事案ですよね。


体へのリスクを考える。


「一生独身」を想像してみてください。それはあなたが今おかれている状態によってプラスとマイナスのイメージが思い浮かびますよね。


今イメージしたのは何歳くらいの自分ですか?50代でバリバリ仕事をこなして、主婦になってる同級生よりかっこよく生きてる自分でしょうか?


では60代は?70代は?そう考えたとき、その時のあなたの身体状態まで想像することはできていますか?


男性と女性の体は違います。太古の時代から狩猟型の男性遺伝子とは別に、女性は家庭で家事や育児をしながら家族を守っていく、という「生活習慣に適応した行動にあう体のつくり」になっています。


更年期、という体の不調も、そのホルモンバランスの乱れを感じ、向き合い、乗り越えていく女性特有の変化です。それに対応していくにはバリバリ仕事をしているより家庭を守っている状態の方が遥かに安全で、他人に迷惑をかけることも少ないのです。


また、突然倒れたりした場合にも側に誰かに居てほしいと思いますよね。加齢とともに体は様々な信号を発してきます。ちょっとした体の不調も一人で考え込むより、側にいる誰かにちょっと話すことで気が楽になったり、意外にも解決してしまったりしますよね。


婚活で同じ思いの人を見つけよう!


女性なら、ということで述べてきましたが、男性だって、特に体のことや老後に関して言えば同じように不安に思う人も少なくありません。


ある調査では「独身でいる最大の魅力」は「生き方や行動が自由」であること、だそうです。


ただしこれには心身ともに健康であるならば、という但し書きがつきます。一生健康体でいられる保障なんてどこにもないのです。


まだ今は漠然と未来を思い描くことしか、できないかも知れません。しかし若い頃と同じような恋愛観や出会い、トキメキに縛られていては時間ばかりがどんどん過ぎていくだけです。


そうならない為にも、視点を変えて、婚活している人たちに目を向けてみてください。その中にはあなたと同じように、「不安に思いながらも、自分と同じ思いの人を未だ見つけられていない」という男性がいるのです。


そんな自分と似た境遇の男性を見つけ、二人で確かな将来、穏やかな老後を見据えた出会いをしてみてください。


「自由」という身軽さよりももっと魅力的な家庭を築いて「安心・安定」を手に入れてください。その為にはまず、あなたから新しい一歩を踏み出すことが大切です。


>>>アラフォーの婚活を成功させる7つの秘訣